トップ > 帝王切開 > 前置胎盤

前置胎盤

胎盤が子宮口を塞ぐ様な位置にある事です。
そのために赤ちゃんが産道を通れません。
また、お産のときに赤ちゃんより先に胎盤がはがれる危険性も予測される為だいたい妊娠36週から37週に予定手術をして出産します。


詳しくはコチラ
この記事のカテゴリーは「帝王切開」です。
関連記事

妊娠中毒症

妊娠によって高血圧、たんぱく尿、むくみなど妊娠中毒の症状が重度の場合はお腹の赤ち...

児頭骨盤不適合(じとうこつばんふてきおう)

お母さんお骨盤に比べて赤ちゃんお頭が大きかったり、骨盤が変形しているとお産のとき...

前置胎盤

胎盤が子宮口を塞ぐ様な位置にある事です。 そのために赤ちゃんが産道を通れません。...

多胎妊娠

最近では、不妊治療で妊娠するケースが多いこともあり、双子、三つ子の多胎妊娠がよく...

更新履歴

この記事のカテゴリーは「互リンク集」です。

この記事のカテゴリーは「互リンク集」です。

この記事のカテゴリーは「破水」です。

この記事のカテゴリーは「破水」です。

カテゴリー