トップ > 切迫流産 > 不育症とは

不育症とは

「不育症」とは、妊娠はするのに、途中で自然流産してしまい、3回以上くりかえす習慣性流産のことをいいます。

3回流産を繰り返した人は、4回目の妊娠でも流産する率は86.4%に上っています。

原因は、子宮の奇形や、母児との免疫不全などがありますが、子宮形成術や免疫療法で改善することが可能といわれています。


詳しくはコチラ
この記事のカテゴリーは「切迫流産」です。
原因や症状の解説をしています。
関連記事

切迫流産って何?

出血など流産の兆候があったけど、流産にまでいかず、胎児が持ちこたえている状態です...

症状

症状は、下腹部の痛み、腰痛、お腹が突っ張るような感じがあり出血が続く事があります...

原因

流産の原因は正直、わかないことが多いのが現状ですが、妊娠12週未満の早期流産の大...

治療法

切迫流産と診断されたら、安静にしましょう。 外出や運動、セックスは避けましょう。...

更新履歴

この記事のカテゴリーは「互リンク集」です。

この記事のカテゴリーは「互リンク集」です。

この記事のカテゴリーは「破水」です。

この記事のカテゴリーは「破水」です。

カテゴリー