トップ > 切迫早産 > 原因

原因

 主な原因として、最も多いケースでは『子宮頚管無力症』だといわれています。
※子宮頚管無力症とは妊娠週数が進むに連れて自然に子宮口が開いてしまう病気です。
この場合、手術で子宮を縛ることがあります。

 他には、子宮をはじめとする生殖器の細菌感染による炎症が切迫早産を引き起こす原因だと言われています。

 母親側の原因としては、親族にも切迫早産を経験た事がある、遺伝的要素や
多胎妊娠や羊水の異常や妊娠中毒症などがあげられます。
子宮の形、胎盤の位置なども関わってくるようです。


詳しくはコチラ
この記事のカテゴリーは「切迫早産」です。
原因や症状の解説をしています。
関連記事

切迫早産って何??

妊娠37週から正期産に入る前の時期に、お産になりかけている状態をいいます。...

症状

切迫早産の初期症状は、出血、月経痛の様な下腹部の痛み。 粘液性の膣分泌物の突然増...

原因

 主な原因として、最も多いケースでは『子宮頚管無力症』だといわれています。 ※子...

治療法

安静にする事が大事です。 コチラも場合によっては入院も必要になります。 お腹の張...

更新履歴

この記事のカテゴリーは「互リンク集」です。

この記事のカテゴリーは「互リンク集」です。

この記事のカテゴリーは「破水」です。

この記事のカテゴリーは「破水」です。

カテゴリー